株はアイドル理論:第62話「総合証券の使い方」

2018/09/16 15:09
総合証券での注文の仕方はさまざま。 ネットで注文、電話で注文、店舗の窓口で注文、があります。 窓口での注文が最も手数料が高くなります。 誰が対応するかは証券会社によって違うようで、窓口の人が対応することもあれば、担当者が付く場合もあります。 きれいなお姉さんが担当について株の事を教えてくれるのなら通いたくなりますね。 ただ勧められた銘柄が暴落した時、担当との人間関係を維持できるかは自分の器しだいですね。 総合証券のデメリット..

続きを読む

株はアイドル理論:第61話「銀行でも買える」

2018/09/04 00:29
投資信託を簡単に説明すると 「投資信託にお金を預けてもらえれば、プロの投資家があなたに代わり投資してお金を増やしてあげます」 というサービスです。 もちろん、投資なので資産が減ることもあります。 銀行でも投資信託の勧誘を行っていますが、残念なことに銀行で投資した人の半分が損をしているというデータがあります。 銀行の高すぎる手数料(購入手数料、運用手数料など)が資産を減らす要因となっています。 どうしても銀行で買う場合、もしくは買って..

続きを読む

株はアイドル理論:第56話「大型株と新興株3」

2018/05/21 00:09
会社が大きくなればなるほど会社を維持するコストも上がっていきます。 人件費も上がるし、物販であれば工場や倉庫も増やさなければなりません。 大型株は何もない状態から時間をかけて地盤を固め、ビジネスの手法を考え、販路を切り開き、インフラを整えてきました。 一方で、後発である新興株は大型株がつくってきたレールに乗っかり、大型株よりも速いスピードで成長できます。 例えば「電話」は、既存企業であれば電話線を維持するコストがかかります。 しかしこ..

続きを読む

株はアイドル理論:第53話「新興株」

2018/04/29 02:17
上場してから10年未満の株を「新興株」と呼びます。 「小型株」と混合しがちですが、定義以下の通りです。 「小型株」→時価総額が小さい株(時価総額ランキング500位未満) 「新興株」→上場して10年以内の株 新興株はほぼ小型株です。 ただ、「歴史と知名度のある企業だけど上場したのが最近」「上場廃止になっていたが、再上場した」というケースもあるので、人によって新興株の認識は異なると思います。 短期間で急成長すれば「新興株で大型株」を達成する..

続きを読む

株はアイドル理論:第52話「証券取引所」

2018/04/22 10:44
株式会社が全国の投資家から資金を集められるようにする方法が「上場」です。 その上場とは「証券取引所」に認められ、登録することで可能になります。 一般的には「証券取引所」=「東京証券取引所(東証)」ですが、それ以外にも福岡証券取引所、名古屋証券取引所、札幌証券取引所があります。 地方の証券取引所はハードルが低いので、地方で上場して、そこから東証入りを目指す会社もあります。 また重複も可能ですので、福岡証券取引所と東京証券取引所の二つに登録している会社..

続きを読む

株はアイドル理論:第50話「大型株と小型株」

2018/03/21 20:05
※話数を変更しました。第49話「時価総額」の続きです。 株っ娘の個性編2です。 大型株、小型株、新興株など、投資雑誌の誌面で見かける用語の解説をしていきます。 最近、FXと信用取引を始めまして、「証拠金取引」という概念を覚えました。 おかげで投資の幅が広がりましたし、いろんな戦略が浮かんできて、現在のそれを実証しています。 信用取引は破産する人が多いのも特徴で、扱いを間違えると毒にもなりえます。 余力はかなり残して取引しています..

続きを読む

もっと見る

【お勧め雑誌&書籍】