株はアイドル理論:第52話「証券取引所」

2018/04/22 10:44
株式会社が全国の投資家から資金を集められるようにする方法が「上場」です。 その上場とは「証券取引所」に認められ、登録することで可能になります。 一般的には「証券取引所」=「東京証券取引所(東証)」ですが、それ以外にも福岡証券取引所、名古屋証券取引所、札幌証券取引所があります。 地方の証券取引所はハードルが低いので、地方で上場して、そこから東証入りを目指す会社もあります。 また重複も可能ですので、福岡証券取引所と東京証券取引所の二つに登録している会社..

続きを読む

株はアイドル理論:第51話「株価によるカテゴリー」

2018/04/14 11:15
株価が安い銘柄を「低位株」と呼びますが、明確な定義があるわけではありません。 10万円以下だったり、3万円以下だったりと個々人の感覚によってばらつきがあります。 低位株をメインに投資している投資家さんもいるようですが、その人に限らず、資金が少ないうちは誰しもが一度は買ったことがあると思います。 低位株の特徴は以下の通りです ○もともと安いので、これ以上株価が下がらない ○少ない資金でたくさん買える 安いからと言って必ずしも業績が..

続きを読む

株はアイドル理論:第50話「大型株と小型株」

2018/03/21 20:05
※話数を変更しました。第49話「時価総額」の続きです。 株っ娘の個性編2です。 大型株、小型株、新興株など、投資雑誌の誌面で見かける用語の解説をしていきます。 最近、FXと信用取引を始めまして、「証拠金取引」という概念を覚えました。 おかげで投資の幅が広がりましたし、いろんな戦略が浮かんできて、現在のそれを実証しています。 信用取引は破産する人が多いのも特徴で、扱いを間違えると毒にもなりえます。 余力はかなり残して取引しています..

続きを読む

株はアイドル理論:優待おまけネタ

2018/03/04 22:25
投資家仲間で集まると・・・・ 更新に間が空いてしまい、申し訳ありません。 株主優待編は次回まで続きます。 いらない優待よりも、微妙な優待もあります。 例えば地元の銀行の優待。 1年定期で0.3%の優待金利が付く琉球銀行。 投資をしていると0.3%の利回りなんて誤差の範囲です。 とはいえ元本保証で0.3%はなかなかありません。 どうしてもリスクを取れない資産があれば使いどころはあるかもしれません。 た..

続きを読む

株はアイドル理論:優待編3「困った株主優待」

2018/02/07 00:11
「何故それを選んだ」優待 森永乳業の優待・・・豆腐6丁 商品をPRするなら乳製品がいいと思います 「本業何だっけ?」優待 ヒロセ通商・・・カレーやラーメンといったレトルトパック詰め合わせ1万円分 企業のサイトに行くと、居酒屋のサイトと勘違いするくらいに食品推しの画像でPRしてきます。 でもFXの会社です。 「特定の人しか喜ばない」優待 ブロッコリー・・・自社商品グッズ(アニメ・漫画コンテンツのグッズ詰め合わせ) オタクじゃない株主はどうするん..

続きを読む

株はアイドル理論:第49話「時価総額」

2018/01/16 01:16
1週お休みしましたが、「株はアイドル理論」を再開します。 前回の話の掘り下げです。 株価×株の発行枚数=時価総額 つまり時価総額が低い株は買収しやすい。高い株は買収し難いといえます。 時価総額が下がったなら新しい株を追加で発行すればいい、と思いませんか? 単純に考えれば、株の発行枚数が倍になれば時価総額は倍になります。 新しい株を発行して売り出すことを「公募増資」と言います。 そしてこれが発表された瞬間に株価は暴落します。 ..

続きを読む

もっと見る

【お勧め雑誌&書籍】