株はアイドル理論:第72話「損切り」

2019/01/15 00:43
株価が下がった時に、下がった株を売ることを「損切り」そのままで放置することを「塩漬け」と言います。 漫画でもあるように損切りのタイミングは難しいです。 日経平均の暴落による値下がりだと、一時的な下落であることが多いし 赤字、優待廃止、減配などマイナス要因で下落した場合であっても、少し後にリバウンドが起きることがあります (おそらく空売りしていた人たちの買い戻し) 前者の理由であれば塩漬けを勧めますし、後者であれば損切りを勧めます 含..

続きを読む

株はアイドル理論:第36話「株価が下がった時の対処法」

2017/08/06 20:21
株はアイドル理論は長期投資を前提としています。 短期で儲けるトレードでは「株価が元に戻るのを待つ時間がもったいないから損切りして、別のところに資産を注ぎ込む」という発想になります。 長期投資の場合、「買った後の株価を意図的にチェックしない」というのは有効なテクニックです。 株価が下がったところで優待や配当金が減るわけではありません。 日々のチャートに一喜一憂するより、1度買ったら半年は手放さない覚悟で株を選んだほうがいいです。 仮に配..

続きを読む

株はアイドル理論:第34話「株デビューして即終了」

2017/07/24 02:36
配当金や優待を狙う投資は長期になるほど有利になります。 株価が下がっても配当金や優待で損失を減らし、株価上がっていれば売って売却益を得ることができます。 株は上がったり下がったりするものなので、持ち続けていればいずれ売るチャンスができます。 ただ株価の動きを気にしていると「常に株価が気になって何度もチェックしてしまう」という心理状況に追い込まれることがあるため、長期投資の場合は「株を買ったらそのことを忘れる」ぐらいの距離感で臨むことがベストです。 ..

続きを読む

株はアイドル理論:第33話「株主優待株への投資」

2017/07/16 20:25
優待を目当てとした個人投資家は大勢います。 それゆえに株主優待が新設されると株価が高騰し、廃止されると暴落するということが起きます。 そうなると企業も簡単には株主優待を廃止しにくくなります。 また、株主優待は権利日の1日だけ持っていればもらえるものです。 権利日が近づくと値が上がり、権利日を過ぎると暴落する傾向があります。 それを逆手にとって3か月前に買い、権利日直前に株を手放すという手法も王道となっています。 1万円を1年で100万円に!はじめて..

続きを読む

株はアイドル理論:第31話「企業名と店名と証券コード」

2017/07/02 21:29
上場した株式会社には4ケタの証券コードがふられています。 以前は業種ごとに番号を振られていましたが、今はそれと関係なく割り振られているそうです。 会社創設時の事業を現代まで続けているとは限りません。 カメラを作っていた富士フィルムは医療事業になっていますし、世界情勢に合わせて変わっていかないと生き残れません。 しかし会社の事業が変わるたびに証券コードを振り直すわけにはいかないわけです。 そのため、会社の名前と事業が一致しないことが時々あります。 ..

続きを読む

株はアイドル理論:第30話「自社株買い」

2017/06/23 18:50
「株を買って会社を応援する」と言っても、10万円で株を買ったらその10万円が会社に入金されるというわけではありません。 では株が安くなるとどんなデメリットがあるのでしょうか? 漫画にあるように新しい大株主が現れて、経営に口出しするということが考えられます。 その株主が「余剰金は100%配当に回せ」と言ったらどうなるでしょうか? 高配当株として株価は上がり、株主は売却益と配当金で儲かるわけです。 それと引き換えに会社は貯金ができなくなるので..

続きを読む

もっと見る

【お勧め雑誌&書籍】