日記:TOKIO問題で思ったこと

今日は普通の日記です。


とあるサークルのゲームで「みんなで悩み事を解決しよう」といった趣旨のゲームで、こんな悩みが出来ました。

「TOKIOの番組から山口さんが抜けてしまいました。どうしたらいいでしょうか?」

悩みの主は当然アイドル好きの方です。



今回のTOKIOの事件を一言で言うなら、「不幸な事件だった」です。

おそらく山口さんにお金を出してでも抱かれたい女性はいくらでもいるでしょう。

芸能人と肉体関係を持ちたい女性たちは「カキタレ」と呼ばれるそうですが、「絶対に秘密をばらさない信用された人」「利害関係のある人」などの条件をクリアした女性が、芸能関係者の紹介を通して、芸能人と引き合わせてもらえるようです。

山口さんにしてみれば芸能事務所に所属している(つまり利害関係がある)女性が一人で家に訪ねてきたら、それは誤解するだろうなと思います。

でも今回はそうではなかった。

それにより引退に追い込まれ、彼女は中傷され、事務所も人気アイドルグループの一部を失うことになり、ファンも悲しむという、全員が不幸になる騒動に発展してしまいました。



ちなみに自分の出した解決法は

「山口さんはこれまでにかなり稼いでいると思うので、当分の生活に困ることはないと思います。

また、あれだけの知名度があれば再就職することも出来るでしょう。

酒に酔っての出来事だし、世間も同情的なので、情状酌量の余地もあります。

アルコール依存症となるだけのストレスを抱えて仕事を続けていたのは、もしかすると事務所が辞めさせてくれなかった可能性があります。

この事件がきっかけで再入院して、仕事を辞めれて、自由な生活を手に入れることが出来たと考えれば、彼の今後の幸せを見守ることがファンとしての務めなのでは?」



考えてみれば事務所から離れたのであれば、ユーチューバーとしてスマップやヒカキンさんと共演することも可能。(スマップも前科持ち多いし)

ホストは・・・酒が絡むのでだめとしても、1日10万円でデートしてくれるとかならお客さんが集まりそうな気がします。

現実はそううまくは行かないかもしれませんが、どちらにしろ自分たちは彼の人生に介入することは出来ません。

せめて「そういうプラスの可能性もある」と考えたほうが、いちファンとしての幸福度は上げられると思います。
posted by 夏目しおん at 16:08Comment(0)日記

証拠金取引の失敗で得た教訓

GW真っただ中、皆様はどうお過ごしでしょうか?


こちらはFXでランド円が急落して胃の痛い休みとなりました。

昨日、損切りして胃の痛みは治まりました。

31万の損失確定。

FXの授業料としてこの程度で済んでよかったと思っています。

※ちなみに株の時の授業料(最初の大きな損失)は20万でした。

FXにしろ株にしろ、失敗を通して学んだことがいろいろあります。

大きな失敗からしか得られない教訓もありました。



今回は自分の忘備禄を兼ねて書きます。

証拠金取引は信用取引と同じ仕組みなので、株しかやったことがない人にも参考になると思います。


以前紹介した本、「あやしい投資に乗ってみた」という本でFXのスワップで配当金生活を目指して失敗したという話がありました。

※以前紹介した記事


これに興味を持ち調べてみると、スワップ金利の高さに驚きました。

アフリカの通貨なら金利が高く、100万円分持っているだけで年間5万円の金利がつきます。

しかもレバレッジが無料でかけられるので、レバレッジ5倍で500万円分の通貨を借り、金利を得ることができます。

これが証拠金500万円なら500万×5倍×5%=125万円


これが本当なら、現時点で配当金生活できるだけの収入が得られる。

それを知ってしまうと、実験せずにはいられませんでした。


含み益が出て利回りの下がった株を売却して200万円ほど用意しました。

あと給料を注ぎ込んで260万円まで達しました。


証拠金260万円でも、レバレッジ6~7倍で毎日3000円のスワップ金利が入ってきます。

これがそのまま続けば年間で109万円となります。

ただ、どこまでのレバレッジが安全圏なのか掴めませんでした。

ネットの情報から、3倍までは安全圏、7倍ぐらいまではミドルリスクと判断しました。


そして今回のランド急落で今までにない恐怖を味わいました。

株はどんなに下がっても、例え1日で50万円下がって恐怖感はありません。

「株の価値が下がっても配当金が下がらなければOK」と考えているからです。

しかし証拠金取引の場合は、証拠金分の損失を出したら退場となるルールです。

単純に考えると、100万の場合、

レバレッジ2倍で通貨が2分の1(50万)になるまで耐えられる

レバレッジ3倍で、通貨の3分の2(66万)になるまで耐えられる

レバレッジ7倍だと、通貨の7分の6(86万)になるまで耐えられる

86万円を下回った場合、証拠金は全額没収されてしまうわけです。(実際は強制ロスカットがあるので若干残る)

ランドは1通貨9円なのでレバレッジ7倍の場合、1.2円下がったらアウトです。

今回これがGWの週で0.4円下落しました。

急落と停滞が交互に来たので、7倍になるまでナンピンしていた自分は完全にリスクオーバーしていました。

もう1~2回急落が来たらロスカットにリーチがかかります。

しかも株と違って利回りが下支えになるということが起きないFX。

多少証拠金を注ぎ込んでも、大きなが下落が一瞬でも起きたらロスカットされる。(一瞬だけ下げてすぐに元に戻ることがよくある)

一瞬で資金が0になる。

そんな恐怖感に耐えられず、安全圏の3倍になるまで、まとめて手放しました。


---------------------------------

振り返って反省点を挙げると

○最初は安全圏で取引しようと思っていたのに高スワップ金利の誘惑され、徐々にレバレッジを上げていた

○乱高下するので売却益でもそこそこ稼いでいました。
それゆえ、「下がったら売却用に購入」という選択を取ったため、さらにレバレッジが膨らんだ。

○260万でレバレッジ7倍ということは資金1820万円の取引をしている状態と同じです。
なので1日で20~30万の下落が起き、月々の給料では補填できない損失が一気に発生します。
1か月分の給料を注ぎ込んで証拠金が多少増えたとしても焼け石に水の状態になります。


株でもそうですが100万円の資金で取引しているうちは1日の資金値動き幅は数千円、500万円で数万円、1000万円を超えると数十万の値動きになってくる。

現物取引ではいくらマイナスを出してもどうともありませんが、証拠金取引の場合はそれが命取りになる。

それゆえに扱う資金が大きくなればなるほど、相場が急変した時に動かせる現金をある程度持っておく必要がある。

これまでは「何かあったら次の給料を注ぎ込めばいい」とか「現金を残すぐらいなら高配当で安定した株に変えていたほうがいい」と思っていました。

この先は「現金をある程度確保する」「レバレッジを常に安全圏内に収める」と意識を変えていく必要があると感じました。


【お勧め書籍】



posted by 夏目しおん at 17:27Comment(0)日記

2018年スタート

2018年年賀状.jpg


あけましておめでとうございます。
今年も「株はアイドル理論」のご愛読のほど、よろしくお願いします。

昨年はトランプ相場でまずまずの成果でした。
おかげで株高になり、5%越えの高配当株が少なくなっています。
そろそろ暴落が起きてほしい。でも資産は減ってほしくない。
そんなわがままな投資家心理。

現在悩んでいるのが2018年のNISA枠で何を買うべきか?
もちろん基本は高配当株なのですが、楽天銀行の場合貸株金利が高いため、高配当株に高金利がついて、NISA枠よりも特定口座で持つほうが有利、ということが起きます。
この辺の解説はおいおいやりたいと思います。

現在有力候補は新興国債権ETF(1566)
高配当に加え、年6回の配当。
高金利がついたことがない。

高配当株、リート、債権、高貸株金利の4つに分散して、暴落に備えようと思います。

次回までには漫画をアップできるよう原稿を進めていきます。
ではでは。


posted by 夏目しおん at 02:15Comment(0)日記

個人的にお勧めの優待株(2017年10月18日現在)

ここ連日、日経平均が伸び続けています。
こういう場合、株を買うと割高で買うことになるので、売りこそすれど買い増しするということはありません。

普通なら。

不思議な事に株価が伸びているのは日経平均に選ばれた銘柄ばかりで、マザースなど新興市場では上がったり下がったりを繰り返しています。
※ちなみに国や機関投資家は東証1部の実績があり、信用度の高い株を選び、個人投資家は伸びしろがあるが注目されていない新興市場の株を買う傾向があります。

自分の持っている銘柄も上がったら下がったりを繰り返し。
日経平均は上がっているのに、持っている銘柄は下がるという事が起きます。

そんな中、意外な銘柄が値崩れを起こしていたので紹介したいと思います。

ちなみに自分が重視しているのが配当利回りです。
さらに配当金と優待商品の二つを合わせた実質優待利回りを重視しています。
こういった株は一度上がるとなかなか下がらないのですが、今回は9月の配当落ち後という事もあり、お得な利回りになっています。


個人的におすすめな優待+高配当株(10月17日終値時点)

トライステージ
1株565円
配当金:9000円(22.50円×400株)
優待:クオカード1000円×2回(400株以上)
必要金額:226,000円(400株)
実質利回り(配当+優待):4.8%
貸株金利2%のボーナス株と言う事で合わせると6.8%の利回り(楽天、SBI証券)

パピレス
1株2,354円
配当金:500円
優待電子書籍ポイント10,000円分
必要金額:235,400円(100株)
実質利回り:4.4%

ディアライフ
1株:441円
配当金:1,700円
優待:クオカード1,000円(年1回)
必要金額:44,100円
実質利回り:6%

ヒロセ通商
株価:1759円
配当金:2,100円
優待:10,000円相当の商品
実質利回り:6.8%
必要金額175,900円


すかいらーく
株価:1,695円
配当金:4,000円
優待:100,300,500,1000株ごとに優待利回りが増えていきます。
500株の場合、すかいらーく優待券33,000円(おそらく個人で使いきれる限界はこれぐらい)
実質利回り:6.2%(500株の場合)

なお、自分はプロでもベテランでもありません。
投資は自己責任でお願いします。

【高配当、優待投資関連書籍】
10万円から始める高配当株投資術 [ 坂本彰 ]

勝てる!「優待株」投資 [ 藤井明代 ]
posted by 夏目しおん at 09:36Comment(0)日記

出版社に「株はアイドル理論」の評価を依頼した結果

アルファポリスさんで漫画の評価を依頼できるということで、プロの目から評価してもらいました。

コンテストに出すという手段もありますが、下手に賞を取るとわずかなお金で権利を取られてしまうこともあるので。

さて、早速評価です。
これがリアルですので、漫画家を目指している方がいたら参考にしてください。


●画力:2
人物は違和感なく描けているが、背景がない。

⇒基本的に人物はお上手で、描き分けもできています。
また、「株を教えるため」の4コマ漫画ということなので背景が必ずしも必要というわけではありませんが、場面転換があってもキャラクターがどこにいるのか、どういう状況なのか把握できないのはもったいないです。
最低限の背景を入れると視覚的に状況がわかりやすくなるので、読者が疑問を持たずに読み進めることができるでしょう。

●キャラクター力:3
キャラクターの役割、性格が統一されている。

⇒恭介、睦月、弥生というメインのキャラクターの役割や性格は統一されています。
三人のやりとりやネタもテンポよく進み、面白いです。
ただ、恭介と弥生が幼なじみということ以外、三人の設定(年齢など)、普段の関係性がわからないままお話が進むので、キャラクターを活かしきれていません。
この三人の設定・関係性がわかるようなやりとりやネタを序盤から盛り込んでみてください。

●ストーリー力:4
ストーリーに目的があり、わかりやすい。

⇒「オタク向け」株式投資入門4コマとして、とても読みやすい作品だと思います。
とっつきにくい株というものを、「アイドル」を使ってわかりやすく解説し、かつ4コマとしてオチをきちんとつけていて秀逸です。
ただ、株について説明することに集中しすぎているため、メインキャラクターがこの三人である必要性が薄れてしまっています。せっかく魅力的なキャラクターを描けているので、「ネタのためのキャラクター」ではなく、「この三人だからこそのネタ」になるよう意識するとより良くなると思います。

●構成力:3
構図を見せ場に合わせてメリハリをつけて構成している。

⇒4コマという限られたコマ割の中で、人物の寄り引きや、コマをぶち抜いて人物の全身を描くなど、見せ場を意識した構図は描けています。
しかし、4コマ目に顔アップが多くなりがちなので、各4コマを読んだあとの印象が似通ってしまっています。
アングルの変化をつけるなど、もっと構図のバリエーションを増やしていきましょう。

●斬新力:3
オリジナリティのある内容は描けているが、インパクトに欠ける。

⇒株など難しい内容をわかりやすく教えるための教育系漫画はたくさんあります。
その中でも「アイドル」に着目し、株を解説している点はオリジナリティを感じます。
ただ、インパクトが今一歩なので、三人のキャラクターの関係性を掘り下げ、その人間関係も伝えていくことで、夏目さんなりの個性ある作品を作り出しましょう。

≪アドバイス欄≫
●株は思ったほど難しくはなく、面白い――と思わせてくれる作品になっています。
一般的には難しいため敬遠しがちな株というものを、クスッと笑えるネタにして、本格的に解説している点はすばらしいです。
キャラクターも魅力的なので、株の説明だけでなく、キャラクターの個性ももっと活かしたネタがあると、この作品ならではの個性が出るのではないでしょうか。
次回の投稿を楽しみにしております。
アルファポリス漫画編集部



-----------------------

良い評価であっても悪い評価であっても真摯に受け止めます。
それができないならネットに漫画を上げる資格はないと思っています。

その上で、評価に対して思ったことを書きます。

○画力
画力をほめられたことがあまりなかったので、正直うれしいです。
ただ、背景はいらないだろう&描いている時間がもったいないということであえて描いていません。
背景は好きではないですが、苦手ではないです。
あと、ほめている割に評価2って辛くないですか?(--;

○キャラクター力
これに関してはその通りだと思います。
キャラと台詞を入れ替えても違和感ないですし、キャラクターの設定を漫画の中に出していません。
弥生がつっこみ役で、睦月はボケのヴァリエーションを増やす役割しか振っていません。
今後、解説中心の入門編が終わったら設定や個性を前面に出していく予定です。


【現在読んでいる書籍】

10万円から始める高配当株投資術 [ 坂本彰 ]

まだ途中までしか読んでないので、読み終わったら紹介したいと思います。
posted by 夏目しおん at 02:40Comment(0)日記

日記:GW突入

今回業績が絶好調のアカツキを買いました。

貸し株が10%とボーナス金利。
金額もかなり下がって手の届く値段になっていたので思い切って買いました。

すると買った次の週にストップ高!

2日で1000円以上も値上がりして、損益のマイナスがプラスに振り切りました。人生初のストップ高に心が躍りました。

しかしそれから地獄の日々が始まります。

日経平均に関係なく200円単位で上がったり下がったりを繰り返します。

ちょっとずつ上がったり下がったりを繰り返す分には耐えられますが、触れ幅が大きすぎて他の株のプラスを一気に塗りつぶすマイナスが発生します。

これは心臓に悪すぎる。

結局値段が上がったところで手放しました。

今後もっと上がるだろうと予想していますが、「これ以上この精神状態を続けたくない」という気持ちが勝ってしまいました。


話は変わって・・・

「株はアイドル理論」はアルファポリスという出版社にもWEB投稿しています。

そこで一定の条件をクリアしたら、編集部に評価を依頼することができます。

今回初めて評価を依頼しまして、5月の上旬に返事が返ってくることになっています。

評価が出たら、こちらでも報告しようと思っています。



【気になっている本紹介】

ロボット運用のプロが分析してわかった 最強の株式投資法【電子書籍】[ 加藤浩一 ]

【内容情報】(出版社より)
「ゴールデンクロスは買い」「デッドクロスは売り」「押し目で買え」「セルインメイ(5月売り)」など、株式投資の「鉄則」や「格言」は本当なのか? 膨大なデータと緻密なモデル設計で検証して白黒つける。さらに、バックテスト、仮想フォワードテスト、耐久性テストに合格した最強の投資手法を公開!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
100人中94人が信じているアノ投資法はウソだった!?データで検証して俗説に白黒つける!!常識をくつがえす驚きの発見の数々。

サビアンに勧誘された話

もっとこまめにブログを更新しないといけないと思いつつ、サボりがちになります(--;

漫画や株以外の話で、最近あったことを書こうと思います。

知り合いから女性を紹介されました。今後の仕事の役に立つということで会うことになりました。

最初に結論から言いますと、マルチの勧誘でした

内容はこうです。

サビアンという会社にクレジットカードを登録して、普段使っているお店を登録します。
そのお店でクレジットカードを使うと20%キャッシュバックしますと。
資金はどこから来るかというと、買い物情報をビックデータとして販売していますということでした。

いろいろ条件はあって
○キャッシュバックは週6000円まで
○水道光熱費や携帯代などの固定費には使えない
○月会費は1万3000円必要

この時点で突っ込みどころが満載です。

自分はアムウェイや健康食品販売のネットワークビジネスをしている人を知っていますし、説明も聞いたことがあります。
ほとんどが自社商品を販売して、その売り上げから広告費としてキャッシュバックしています。
ネットで言うアフィリエイとに近い商売だと思っています。
なのでネットワークビジネス=悪だとは思っていません。

それと比べて、今回のは限りなく黒に近いグレーゾーン。

まず月会費1万3000円分の元を取ろうと思ったら、毎月6万5000円分の買い物をしなくてはいけません。

それを下回ったら赤字です。

しかも固定費に使えない。さらに別のサイトの情報によると仕入れ目的による買い物はダメだそうです。(どうやって判断するのかは謎ですが)

月給20万円の人でシミュレーションしました。

税金、健康保険・厚生年金・・・4万円
生命保険・・・1万円
スマホ、ネット・・・1万円
水道光熱費・・・1万円
家賃・・・5万円
貯蓄・・・2万円

自由に使えるお金って実際は6万円程度・・・って赤字!
生命保険を解約して、スマホを格安simに替えれば黒字出せるかな。

でもそもそも毎月6万5000円で何買うの?

キャッシュバックが1回6000円までと言うことは3万円以下の買い物でないといけない。
例えば6万5000円の冷蔵庫を買ったからノルマクリアではなく、3万円超えた分はキャッシュバックされないということ。

どう考えても無理がありますが、そこでこの一言

「友達3人を紹介して入会してもらえば紹介料が入り月会費の分がペイできます」

あー・・・この条件で続けていたら、損失を防ぐために友達を紹介せざるを得ないわけで・・・。
完全にアレだ。

しかもキャッシュバックはドルで支払われるそうで、アメリカでないと引き出せない。
日本に送金すると税金がかかる。さらに円に両替する手数料もかかる。

「そこはいろいろと方法があるんです」と、もはや怪しいレベルを超えています。

帰ってサビアンについて調べてみましたが、流通産業新聞社によると詐欺警告案件に入っていました。
posted by 夏目しおん at 01:43Comment(0)日記

2017年明けましておめでとうございます

2017年年賀イラスト.jpg

明けましておめでとうございます。

後半は放置しておりましたが、作品は描き続けています。
描き溜めたら週1ペースでアップしく予定です。

昨年の株は大暴落から始まり大高騰で終わるという何かと番狂わせな一年でした。
年末の高騰のおかげで配当金の下がった株をプラスで売ることができました。(全体ではマイナスですが)

年明けに買いたい株はいろいろあるのですが、今の高騰時に買うのはちょっとなぁ・・・
でも3月に向けてさらに高騰しそうだし、5月ぐらいに買いあさろうかな。
こんな感じで今から迷っています。


posted by 夏目しおん at 23:00Comment(0)日記

PCデポ問題で思ったこと(営利主義はサービスの質を低下させる?)


【外部記事】PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoppy/20160823-00061403/

記事を読んでの感想です。
細かくわかりやすくまとめられて良い記事だと思います。

PCデポ問題は初期のツイートから追いかけていましたが、ようやく全貌が明らかにされ、詳細を知ると「これはひどい」の一言に尽きます。

当初はPCデポ側を擁護する意見も目立ちましたが、いろんな暴露情報が出てきて大炎上。そして現在も延燃状態。

特に日経ビジネス、東洋経済のデジタルコンテンツを契約したら3年間分払わないといけないのは衝撃でした。

個人的には高齢者のサポートで1万5000円は「本人が納得しているなら妥当」と思います。

その上で「長期サポートを受けられた方には特典としてデジタルコンテンツを無料で配信しますよ」だったら、やってることは同じでも、まだましな契約なのかなと思います。

ただし会社側が負債を負ったわけでもないのに高額な解約料をふっかけるのは論外ですが。


○営利主義はサービスの質を低下させる?

私は福祉関係の業界に身を置いていますが、「企業が福祉業界に参入すると利益を上げるために人件費を削り、サービスの質を落とす」といった理屈がよく叫ばれます。

PCデポ問題がその典型で、もともとはお客さんに寄り添ったサービスを心がけていたはずなのに、営利優先の運営体質になってからサービスの質が低下した。

よって福祉業界に企業参入させるべきではない・・・といった論調が起きないか危惧しています。

今回のことで感心したのが市場原理です。

利益優先でサービスの質を落とした企業の末路はどうなるのか?

お客さんの信用が暴落、従業員の内部告発、株の暴落。

今後経営陣は株主に退任を迫られるかもしれないし、他の企業もサポートを充実させて適正な価格をPRするかもしれない。

たとえ法的には間違ってなかったとしても、利用者の反感を買えば相応の報いが返ってくることがわかりました。

では逆に企業を批判する行政や社会福祉法人にそのような浄化作用を果たす仕組みはあるのか?

ないです。

行政なら「法的には問題がない」で逃げ切るだろうし、仮に裁判とかで負けても職員は誰も責任を取らない。

社会福祉法人は去年ぐらいから国の指導を受け、財務表の公開を義務化し、評議委員を入れて理事が問題を起こしたときは退陣要求できる仕組みをようやく作り始めています。

posted by 夏目しおん at 15:43Comment(0)日記
【お勧め雑誌&書籍】