株はアイドル理論:第72話「損切り」

萌える株セミナー80.jpg


株価が下がった時に、下がった株を売ることを「損切り」そのままで放置することを「塩漬け」と言います。

漫画でもあるように損切りのタイミングは難しいです。

日経平均の暴落による値下がりだと、一時的な下落であることが多いし

赤字、優待廃止、減配などマイナス要因で下落した場合であっても、少し後にリバウンドが起きることがあります

(おそらく空売りしていた人たちの買い戻し)

前者の理由であれば塩漬けを勧めますし、後者であれば損切りを勧めます

含み損の株にもいろいろ使い道があります

貸株にして金利を貰ったり、信用取引の証拠金にしたり、年末の利益調整に使うこともできます。

年末の利益調整とは、例えば今年10万円の利益を出した時、10万円分の含み損を出している株を一度利益確定します。

これでプラマイゼロで今年の利益は0になります。

その翌日に手放した株を買い戻します。

持ち株は変わらず、利益だけを相殺します。それによって引かれた源泉徴収が還付されます。




この記事へのコメント

【お勧め雑誌&書籍】