株はアイドル理論:第63話「権利付き最終日」

E8908CE38188E3828BE6A0AAE382BBE3839FE3838AE383BC71のコピー.jpg


9月の株主優待をもらうためには9月30日の基準日に株主の名簿に名前が載っている必要があります。

では9月30日に株を買えば名前が載るのか?というと、そうではありません。

名簿に記載されるまでには3日かかります。なので基準日の3日前には株を買う必要があります。

この3日の中には土日、祝祭日は含まれていません。

なので「3営業日前」という言い方をします。

この3営業日前を「権利付き最終日」、その翌日を「権利落ち日」と言います。

権利落ち日に株を手放したとしても優待はもらえます。

ただし翌日は配当金分の株価が下がる、配当金以上に下がることがよくあります。

これを「配当落ち」と言います。


では高優待の株はどうなのか?

例えば優待が1000円分の商品券であれば1000円分下がる「優待落ち」なるものがあるのか?

答えは、あったりなかったりします。

人気の優待は優待落ちが起きる傾向があります。

なので優待落ちする銘柄なのか知りたい場合、昨年の権利落ち日にはどれだけ下がったかを調べるといいでしょう。


権利付き最終日と権利落ち日は優待情報サイト(楽しい株主優待&配当)で調べることができます。


優待株は多少株価が下がっても長期保有していれば元が取れますし、投資雑誌で特集されやすいので一時的に株価が上がることも多いです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ! [ v-com2 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/9/26時点)

楽天で購入

この記事へのコメント

【お勧め雑誌&書籍】