株はアイドル理論:第58話「投資のゴール」

萌える株セミナー66.jpg


「お金持ちになれば幸せになれる」と考えている人は多いと思いますが、現実は収入が一定の水準を超えたところから幸福度は上がらなくなるようです。

むしろ幸福度が下がっている事例も見かけます。

「配当金が年収を超えたのに、それでも将来への不安は消えず、「もっと稼がないと」という気持ちになっている」という書き込みもありました。


稼いだお金で家を買いたいという方もいるでしょう。

もちろんそれはいいことですが、投資で稼いでいる人ほど冷静で、その先の現実が見えています。

家を買ったらその土地に縛られます。

例えば、将来田舎に移住しようと考えている方は多いと思いますが、田舎になじめずに断念する人も多いです。

いくら自然がきれいでも1年中暮らせば飽きます。

自然が多いところでは虫が入ってきたり、草木の手入れをしたり、虫の音がうるさくて寝られなかったりと苦労が多いです。

また家も、子どもがいるうちは広い家が欲しくなりますが、子どもたちが出て行ったあと、広い家を管理するのは骨が折れます。

ならば家にお金をかけるよりも賃貸住宅を利用して、生活スタイルに合わせて移住できるようにしておくほうが合理的です。

そもそも4千万円かけて土地と家を買うより、そのお金で配当金生活をしたほうがいいと考えます。


今の日本は低料金でそれなりの生活ができるインフラが整っています。

生活の質にこだわらなければ、地方であれば年収200万円程度で生活ができます。


では何にお金を使えば幸せになれるのか?

自分の結論としては

「お金で幸せは買えない。けれど、お金を使って不満を消すことはできる」

掃除を外部に頼める。ヘルパーに介護を頼める。料理せずに外食できる。通勤をタクシーでできる。

自分でしなければならない手間をお金の力で外部に頼むことができ、その分の時間を自分の好きなことに費やすことができます。

しかし「好きなことをすることが幸せ」と定義するのなら、いくら自由な時間があっても、やりたいことがなければ意味がありません。

お金はあくまで「手段」の一つです。

皆さんは稼いだお金で何をしたいですか?


ちなみに自分の夢は、貧困問題などの社会問題の解決です。

そのために今から社会問題に取り組んでいる人達との人脈作りをしています。

【お薦め書籍】
長期投資でお金の悩みから自由になった人たち【電子書籍】[ 澤上 篤人 ]

この記事へのコメント

【お勧め雑誌&書籍】