株はアイドル理論:第52話「証券取引所」

萌える株セミナー60.jpg



株式会社が全国の投資家から資金を集められるようにする方法が「上場」です。
その上場とは「証券取引所」に認められ、登録することで可能になります。

一般的には「証券取引所」=「東京証券取引所(東証)」ですが、それ以外にも福岡証券取引所、名古屋証券取引所、札幌証券取引所があります。

地方の証券取引所はハードルが低いので、地方で上場して、そこから東証入りを目指す会社もあります。
また重複も可能ですので、福岡証券取引所と東京証券取引所の二つに登録している会社もあります。

「単独上場企業(東証に登録してない上場企業)」や「未上場企業」の業績が弱いのかと言えば、そうとは限りません。
ツタヤやジャパネット、DMMなど上場してないけど知名度はありますし、単独上場ではジョイフルなどが有名でしょう。

ただし、単独上場のデメリットもあります。

単独上場企業は全ての証券会社で買えるわけではありません。
大手証券会社でも取り扱ってないこともあります。

そのため取引量が少なく、買いたくてもなかなか買えない、売れない状況が起きます。

長期投資で、優待目的で買って放置と言うならそれでもいいと思います。




【おすすめサイト】

株のアクションラーニング

動画での投資セミナーが視聴できます。

お勧めなのが「業界の研究シリーズ」です。
「ドラッグストア業界」「損害保険業界」「不動産業界」など、様々な業界のビジネスモデルや特徴、今後の優位性などを解説していて、とても勉強になります。

業界研究シリーズは無料で見れる動画なのでぜひ視聴してみてください。
動画一覧

この記事へのコメント

【お勧め雑誌&書籍】