株はアイドル理論:第30話「自社株買い」

萌える株セミナー31.jpg

「株を買って会社を応援する」と言っても、10万円で株を買ったらその10万円が会社に入金されるというわけではありません。

では株が安くなるとどんなデメリットがあるのでしょうか?

漫画にあるように新しい大株主が現れて、経営に口出しするということが考えられます。

その株主が「余剰金は100%配当に回せ」と言ったらどうなるでしょうか?

高配当株として株価は上がり、株主は売却益と配当金で儲かるわけです。

それと引き換えに会社は貯金ができなくなるので、何かトラブルが起きた時にはすぐに経営が傾いてしまう。

そうならないために自分で自分の株を買って大株主が現れないようにする必要があります。


【書籍紹介】

めざせ「億り人」!マンガでわかる最強の株入門 [ 安恒理 ]

読みました。
株で、漫画で、萌え系でと買わずに入れなかった本です。

新しい取り組みとしてはツイッターの世界を主軸に置いたところでしょうか?

「億り人」「イナゴ」「煽り屋」といった単語ってなかなか入門書には出てこないですよね。

この言葉でピンとくる人もいるかと思いますが、基本的に投資よりもトレードに重点を置いています。

一応入門書ということで幅広く取り扱っていますが、テクニカル分析では結構ページを割いている印象です。

いろいろ評価するところはある反面、つっこみどころも多かったです。

「初心者がそんなにうまくいくかよ!」と言いたい。

いや、漫画なので演出というのはわかるんですが、入門書としてはどうなの?と。

どうせ漫画でやるなら、あり得ないぐらいの大損失から這い上がるような内容が良かったなと。

この記事へのコメント

【お勧め雑誌&書籍】