第28話:板が厚い

萌える株セミナー28.jpg

株取引が活発な板を「板が厚い」と表現し、逆に取引のほとんどない板を「板が薄い」と表現します。

板が厚いと流動性が高まるので指値が早く約定します。

逆に、板が薄いと買いたい人売りたい人がほとんどいないということなので、取引がなかなか進みません。

注文を入れてもなかなか約定しないし、成り行きで買い注文すると現在株価よりも高い金額で約定されたりします。

【書籍紹介】
お金は銀行に預けるな [ 勝間和代 ]
資産運用入門書としてどうぞ!
日本人は金融リテラシーが低くて、銀行や生命保険に必要以上のお金を払っています。
お金を払うときは、相手がどうやって儲けているのか仕組みを理解した上で買うことが重要です。

この記事へのコメント

【お勧め雑誌&書籍】