企画:LINEスタンプ制作中

今年はこのブログのテーマである「株式投資をエンターテイメント化する」を目標に漫画以外にも企画を立ち上げていきたいと思います。

今進めているのは株を擬人化した女の子によるLINEスタンプ制作

漫画の場合、一回読んだら終わりですが、LINEスタンプであれば何度も使ってもらえる

そんな発想で現在制作中です・・・・と言うかほぼ完成しました。


株っ娘の木下葉月(きのした はづき)です。

自己紹介.jpg

株という字は入れにくかったので「木下」
株はアイドル理論のキャラは弥生とか睦月とか月の別称にちなんだ名前が多かったので葉月にしました。


スタンプはこんな感じです。

利益確定.png含み損.png

含み益.png株主優待.png


今後も株式投資のすそ野を広げる楽しめる企画を繰り出したいと思います。

登録できたらまた報告します。
posted by 夏目しおん at 22:52Comment(0)企画

株はアイドル理論:第73話「逆指値」

萌える株セミナー81.jpg



指定した株価になったら自動的に売却する注文を逆指値注文と言います。

1000円の株価が900円まで下がったら自動的に売却して損失を防ぐ、といった使い方をします。

(ちなみに間違えて指値注文で900円で売り注文を出したら999円とかで即約定します)

または株価が上昇トレンドに入り、「そろそろ利益確定したいけどもっと上がるかもしれない」という時に、株価が上がるたびに逆指値を段階的に上げていく方法を取ったりします。

株が1100円になったら1050円で逆指値をかける、その後1200円に上がったら逆指値を1150円に訂正、1300円に上がったら1250円と訂正していくわけです。

漫画のように逆指値にかかった後から株価が上昇することもよくあります。







株はアイドル理論:第72話「損切り」

萌える株セミナー80.jpg


株価が下がった時に、下がった株を売ることを「損切り」そのままで放置することを「塩漬け」と言います。

漫画でもあるように損切りのタイミングは難しいです。

日経平均の暴落による値下がりだと、一時的な下落であることが多いし

赤字、優待廃止、減配などマイナス要因で下落した場合であっても、少し後にリバウンドが起きることがあります

(おそらく空売りしていた人たちの買い戻し)

前者の理由であれば塩漬けを勧めますし、後者であれば損切りを勧めます

含み損の株にもいろいろ使い道があります

貸株にして金利を貰ったり、信用取引の証拠金にしたり、年末の利益調整に使うこともできます。

年末の利益調整とは、例えば今年10万円の利益を出した時、10万円分の含み損を出している株を一度利益確定します。

これでプラマイゼロで今年の利益は0になります。

その翌日に手放した株を買い戻します。

持ち株は変わらず、利益だけを相殺します。それによって引かれた源泉徴収が還付されます。




株はアイドル理論:第71話「リートの特徴」

萌える株セミナー79.jpg


あけましておめでとうございます。

今年も株はアイドル理論をよろしくお願いします。


------------------------------------------------


REITの最大の特徴は高配当ということです。

基本的に稼いだお金のほとんどは配当に使われるので、業績連動型の配当となります。

入居率が悪い時は配当が下がり、良い時は上がる。

株式会社のように、多少業績が悪くても配当額を維持することはありません。

貯蓄をしないことを条件に税金が免除されているといえます。

不思議なことにREITの配当利回りはヤフーでは表示されません。

そのため利回りランキングに載らず、認知度が低い金融商品となっています。

ちなみに株の配当金は配当控除の申請を出せば源泉徴収されたうちの10%ほどが戻ってきますが、REITはそれが適用されません。


------------------------------------------------




【お勧め雑誌&書籍】